スペーサー.png


お問い合わせ 03-5950-2114
メール info@rk-kutsu.com

ホーム.gifホーム.gifセミオーダー.gifセミオーダー.gifフルオーダー.gifフルオーダー.gifペルシレーナg.gifペルシレーナg.gif職人d.gifよくある.gifよくある.gif教室案内.gif教室案内.gif店舗概要.gif店舗概要.gif

_DSC6762.jpg

工房がある直営店

店舗2階にある工房では靴作りの全ての工程を行うことができます。お客様の意向を正確に素早く反映し、全ての作業において高品質な靴作りが可能です。

石膏型と靴型の違い

足の形を正確に写した石膏型はそのまま靴型にはなりません。靴型にはヒールが付くためカカトが上がり、足の状態とはかわります。
石膏型はあくまでも参考資料、靴のデザインがきれいに表現され履き心地の良い靴型を削りだしていくのは職人の経験に基づく技です。良い靴型を作り出すことが良い靴を作る為の第一歩です。

_DSC6696.jpg

_DSC6730.jpg

裁断

効率より品質を優先し、包丁を使い手で裁断します。手裁断の為、機械裁断よりたくさんの革が無駄になることもありますが革の一番良い部分で靴を作る為のこだわりでもあります。


革漉き

革と革との貼り合わせや折り込みの厚みをそろえる為に漉機を使って厚みを調整します。革の種類や厚みによって漉き巾や厚みを変えて接合面がきれいにつながるように仕上げます。

_DSC6844.jpg

_DSC6900.jpg

折り込み

素材の厚みや曲線の緩急に応じて切り込みの深さや間隔を変えています。
また折り込んだ革の厚みを均一に揃えることは、靴になった時に靴の曲線部がきれいに見えるようにするための工夫です。

ミシン

靴のデザインや革の種類によって糸の太さや縫い目の粗さを変えています。
トップラインの縫製も際ぎりぎりを縫うのではなく、少し離してミシンを掛けます。そうすることで履き口に革特有の立体感が生まれます、ベテラン職人ならではのこだわりです。

_DSC6781.jpg

_DSC6722.jpg

職人の計算

何工程にも及ぶ靴の製作過程では常に仕上がりの靴をイメージします。
そこから逆算しながら作業を進めていきます。

熟練の職人技

平面な革を立体的に仕上げていくには熟練の職人技が必要です。手に取ってみると細部にいたるまで完成度の高さを感じていただけるはずです。

_DSC6757.jpg

_DSC6823.jpg

つり込み

平面から立体にする作業。ただ引っ張るのではなく、左右内外の状態を見ながらバランスよく革をまとめていきます。革の伸びや細かい調整への対応も手吊りだから出来る技とこだわりです。


仕上げ

素材の持つ美しさを生かすために時にはピンセットを用いて仕上げています。
細部に至るまでこだわった靴が出来上がります。

_DSC6913.jpg